「つり丸」3/15発売(4/1号)の表紙が刷り上がりました!

「つり丸」3/15発売(4/1号)の表紙が刷り上がりました!

巻頭特集は「春のコマセ釣り特集!!  アジ・イサキ・ハナダイ・マダイ コマセを操り釣果アップ!!  」です。

カラーレポートはマルイカ、ヤリイカ、ベニアコウ、サビキメバル、オフショアルアーはワラサ・ヒラマサゲーム。

ほか江戸前カレイ釣り大会、第3回いすみ市大原港ヒラメ釣り大会の模様、東北復興レポートなども取り上げています。

また、いよいよ3/21~23に開催される「国際フィッシングショー2014」の開催案内も出展社の地図入りで掲載。

今年も「つり丸」オリジナルステッカーと交換できる引換券を付けましたので、会場へお持ちください。

連載陣も絶好調!

どうぞ、ご期待ください。



【告知】 2013震災復興 チャリティー釣り大会in南三陸町歌津 8/4に開催 参加者募集

「2013  震災復興チャリティー釣り大会in南三陸町歌津」(主催:NBCチャプター宮城・三徳屋釣具店内)が、8/4(日)に宮城県・南三陸町歌津浦漁港特設会場で開催されます。募集人数は200人(ボートの部は70人を予定)。参加費用は、ショア(岸)の部:大人3000円、小学生以下1000円(いずれもチャリティー、保険代などとして)。ボートの部:大人3000円(チャリティー、保険代として。別途ボート代5000円がかかります)。競技種目は、NBCソルトチャプター宮城第2戦の対象魚はアイナメ、ソイ、ヒラメのいずれか。スケジュールは、ショアの部:5時30分受付開始、9時釣り講習会スタート、10時講習会終了、12時検寸・集計開始、12時30分イベントスタート、13時イベント終了、14時表彰式、15時終了。ボートの部:5時30分受付開始、6時30分フィッシングスタート、12時帰港・検寸・集計、12時30分イベントスタート、13時イベント終了、14時表彰式、15時終了。参加方法は主催者のHPにあるエントリーページに必要事項を記入してエントリーしてください。

問い合わせ先

NBCチャプター宮城大会事務局(三徳屋釣具店内)

電話 022・256・1601

HP   http://www.minamisanriku-umi.net

 

 

 



(編) 【募集告知】 東日本大震災復興企画 ケイズカップ 第5回 シロギス釣り大会 8/5開催 参加者募集

「ケイズカップ 第5回 シロギス釣り大会」(主催:プロショップケイズ旭店)が、2012年、8/5(日)に千葉県・飯岡海域で開催されます。募集人員は150人。参加費は大人・女性7500円(乗船料・イソメエサ1パック・傷害保険・税込み)、子供5500円です。18歳未満は保護者の承諾が必要。なお参加費のうち、2500円を東日本大震災の義援金として旭市に寄付します。競技審査はシロギス10匹の総重量で入賞を決定します。使用ロッドは1本、オモリは20号。11時30分受付開始、12時30分開会式・ルール説明、13時30分釣り開始、16時30分沖揚がり、17時検量、17時30分表彰式・閉会式。参加申込みは、8/3(金)までに飯岡港「梅花丸」、「幸丸」へ。問い合わせは「プロショップケイズ旭店」へ。

申込み先

「梅花丸」 電話 0479・57・2145、  「幸丸」 電話 0479・57・2258

問い合わせ先

「プロショップケイズ旭店」 電話 0479・64・1707(担当:石毛)

 



(編) 【募集告知】 東日本大震災復興支援 第13回 親子体験釣り教室 船のシロギス 8/7開催 参加者募集

東日本大震災復興支援「第13回 親子体験釣り教室 船のシロギス」(主催:日本釣振興会、日本釣りジャーナリスト協議会)が、8/7(火)に

千葉県・浦安「吉野屋」で開催されます。釣り物はシロギスで、募集定員は親子約200人(先着順)。船にはインストラクターも乗ります。

参加資格は小学1年生以上、中学3年生までの子供。保護者同伴に限ります。

参加費は大人3000円、子供2000円(乗船料・エサ・仕掛け・レンタルライフジャケット・傷害保険付き)。

氷は船宿にて実費で購入できます。

持参する物:ロッド&リール(これはレンタルもあります)、帽子、雨ガッパ、タオル、長靴、クーラーボックス、食べ物、飲み物。

当日のスケジュール:6時半受付、7時開会式、7時半出船、11時納竿、12時帰港、閉会式後解散。

申込み方法:往復ハガキに必要事項を記入の上、7/20(金)までに下記事務局へ郵送を。

【往信面】 参加者全員の〒、住所、氏名、年齢、代表者の職業、連絡先(なるべく携帯)、参加希望人数。

【返信面】 宛先にご自分の住所を記載してください。

申込み先:〒101-0051  東京都千代田区神田神保町1-30-13

(株)つり人社内  日本釣りジャーナリスト協議会事務局 まで。

問合わせ先

電話 03・3294・0799 (事務局)

 

 



(編) JGFAが東日本大震災復興支援  BOLリストバンド《絆》 2012年バージョンを作成

NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)が、昨年に続き東日本大震災 の復興を支援する目的で、BOLリストバンド《絆》の2012年バージョンを作成し完成しました。今年のカラーはピスタチオグリーン、ネイビー、ホワイトの3色です。このリストバンドは下田、御前崎、串本などビッグゲームの大会本部で販売します。価格は1本1000円。すべて、被災地への義援金になります。

ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)事務局

電話 03・6280・3950

HP http://www.jgfa.or.jp/

 

 



(編) 第5回 カレイ釣り全国大会IN塩釜 大会結果

11月6日、宮城県・仙台湾で「第5回 カレイ釣り全国大会IN塩釜」(主催::同大会実行委員会、塩釜観光物産協会)が23隻、269人で盛大に開催されました。今回は東日本大震災の被害を乗り越える町おこしイベントとして開催されました。大会の審査はマガレイ5匹の総全長で入賞を決定。結果は以下の通り。優勝=阿部仁(石巻市)176.5cm。準優勝=矢吹壮(美里町)167.8cm。3位=内海宗夫(塩釜市)166.0cm。4位=斉藤浩昌(仙台市)163.5cm。5位=佐藤貞雄(多賀城市)163.2cm。レディース賞=建守厚子(松島町)154.9cm。大物賞=イシガレイの部:岡田和夫(山元町)52.5cm。マコガレイの部:伊藤寿雄(仙台市)46.3cm。外道の部:山田一真(仙台市)アナゴ74.0cm。敬称略shiogama kareitsuri taikai



(編) チャリティーイベント第3弾で集まった義援金を寄付

11月12日に開催の「つり丸」チャリティーイベント第3弾「沖釣りレッスン・カワハギ編」(主催::つり丸編集部)で集まった東日本大震災復興義援金を、日本釣振興会へ寄付させていただきました。参加された方々、船宿「吉久」の方々、こころよく義援金に応じてくださりありがとうございました。弊誌からの義援金を足して合計39000円ですが寄付させていただきました。今後もこのチャリティーイベントを続けていく予定です。



(編)「がんばろう、いすみ」 いすみ市 沖釣りフェスタ 盛況

11月23日、千葉県・いすみ市大原で東日本大震災復興イベント第2弾 「『がんばろう、いすみ』2011 いすみ市 沖釣りフェスタ」(主催::いすみ市沖釣りイベント実行委員会)が開催された。参加者748人がマダイの部、ヒラメの部、ショウサイフグの部、ルアーの部に分かれて出船し盛況だった。このイベントは参加者全員に、いすみ市内で使用できる振興券3000円分が付いてくるほか、抽選で特産品が当たるという特典付き。もちろん、振興券は船宿さんでも使用できるため得なイベントだ。沖釣りフェスタは来年も開催を予定している。写真は太東「いずみ丸」にて。11.1123 0111.1123 0211.1123 03



(編) 岩手県宮古市復興支援イベントの開催告知

東日本大震災復興支援の一環として、岩手県宮古市復興支援イベント「集まれ浄土ヶ浜!」(主催::NBCチャプター岩手、他)が12月18日(日)に宮古市の浄土ヶ浜マリンハウスで開催される。イベント内容は海産物料理の無料振る舞い(地元業者による出店)、釣具メーカーによるオススメ釣具の展示、釣り業界人による各種イベント、釣り大会(遊漁船、レンタルボート、岸釣り、ルアー、エサ釣り問わず総合的な釣り大会)、地元観光ガイドによるボートクルーズ海上名所めぐり(これは有料)など盛りだくさんだ。

開催場所::浄土ヶ浜マリンハウス

所在地::岩手県宮古市日立浜町32-4

URL  http://www.j-marine.com/



(編)チャリティーイベント第3弾 「カワハギ釣りレッスン」無事終了

12日に千葉県・浦安「吉久」で行われた「つり丸」チャリティーイベント第3弾、永田名人が教える「沖釣りレッスン カワハギ編」は無事終了いたしました。参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。この日の模様は12月1日発売(12月15日号)にカラーレポートとして掲載いたします。



(編)「つり丸」主催 カワハギ釣りレッスン 参加者募集

「つり丸」チャリティーイベント第3

永田名人が教える

「つり丸」沖釣りレッスン カワハギ編

「つり丸」編集部では、「東日本大震災」復興応援のチャリティーイベントとして「つり丸」沖釣りレッスン カワハギ編を開催いたします。

これは仕立(貸切り)船形式で行う釣り教室です。カワハギをターゲットに、本誌連載でお馴染みの永田文生名人に乗船していただきます。もちろん、スタッフも乗船します。この機会に釣技のステップアップをどうぞ!

■開催日:2011年11月12日(土)

■船宿:千葉県・浦安市「吉 久」

■乗船料:9,500円(アサリエサ1パック・氷・税込み)

■義援金:日本釣振興会へ寄付。いくらでも結構ですのでご用意ください。

■時間:6時15分受付。

各自道具の準備、釣り方の説明ののち7時をめやすに出船。

■募集人数:24人。「つり丸」オリジナルキャップなど参加賞あり。

■お申込み方法

メールまたはFAXで受付けます。参加希望者の住所、氏名、携帯電話番号、性別を明記してご応募ください(複数でご応募の場合、希望者全員分の住所、氏名、携帯電話番号、性別をお書きください)。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます.

申込み締切りは10月28日(金)。結果は11月1日(火)までにお知らせいたしますが、抽選となった場合、外れた方にはお知らせは行きません。何卒ご了承ください。  ※個人情報は本誌のイベント以外に使用いたしません。

◎お申込み先

メールの場合  t-info@tsurimaru.com

FAXの場合  03-5362-2939

お問い合わせ 電話番号 03-5362-7045(編集部)



<最>「いすみ市アジ釣りフェスタ」大盛況

IMG_funeIMG_hito01IMG_hito02IMG_hito03IMG_hito04IMG_sakanaIMG_hito06IMG_hito07IMG_hito057月31日(日)、東日本大震災復興イベント がんばろういすみ 2011「いすみ市アジ釣りフェスタ」(主催:いすみ市アジ釣りイベント実行委員会)が千葉県・いすみ市大原~太東海域で開催された。この日は午後1時45分に出船で4時半までという3時間弱の釣りだったが、参加者は650人集まり大イベントとなった。それぞれが釣り船36隻に分乗し、コマセを使わない空サビキでアジ釣りを堪能。6本バリにパーフェクトで上がってくることもたびたびあり、2ケタ釣果でお土産十分の釣りになった。太東港「重宝丸」の渡辺船長は「これほどのお客さんが集まると復興の気持ちもますます高まります。今回、予約がいっぱいになってからもまだ申込み希望の人たちがいて、全体で50人以上お断りさせてもらったんじゃないかな」と、やや申し訳なさそうに言った。今後も企画は続く予定だ。



(編)日釣振が義援金募集期間を延長

(財)日本釣振興会は、「東日本大震災義援金」の募集期間を

当初の9月20日(火)から、2012年3月31日(土)まで延長する。

これは日本赤十字社の延長に伴うもので、今後も連動する

予定とのこと。近日正式に発表の模様。



<最>釣れ盛るギンザケについて聞いてきました

「第13回 ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」の会場で、あの大津波で大量に逃げたギンザケの養殖を行っているニチモウマリカルチャーの方(Aさん)と直接お話ができました。以下やりとり。私「660万匹と言われるギンザケが逃げ、それが茨城から岩手の釣り船で釣れています」。Aさん「ええ、知っています。実際には成魚700万匹です」。私「一部の釣り人さんから『せっかく養殖したものを、釣れてしまったとはいえ持ち帰るのは申し訳ない』という声があるのですが」。Aさん「自然災害によるものですし、イケスでエサをもらっていたためエサ取りがうまくできず、いずれ死んでしまうと思っています。あの大津波を生き残ったのは凄いと思いますが、釣れたら海に帰さず持ち帰っていただくほうがいいかなと思っています。もちろん、そこは釣った方にお任せしますけれども。もともと天然物は本州太平洋岸にはほとんどいないですし、どうぞお気遣いなく(笑)」。実に爽やかに、あっけらかんと対応していただいたので恐縮するほどでした。しつこく確認したのですが、ギンザケを釣っている人たちに怒りの気持ちなどはなく、むしろ大津波に負けなかった魚たちに誇りを持っているのがひしひしと伝わってきました。



(編)フィッシュオン鹿留でチャリティーイベント

東日本大震災復興支援イベントとして「チャリティー・フィッシング・フェスティバル」(主催::日本釣用品工業会)が開催される。日時は7月31日(日)。場所はフィッシュオン鹿留(所在地::山梨県都留市鹿留1543)。開催内容は、野外テント等による商品の展示やブース内でのミニセミナー。著名釣り師からの釣り具チャリティーオークション。池、川での有名人デモンストレーション。親子のための釣り教室。釣りガールコーナー&ファッションショー。女子キャンプサイト。釣り大会。入場無料(釣りをする人は釣り券購入を)。来場人数1000人(見込)。

問合わせ先::(社)日本釣用品工業会

電話番号 03-3555-0101  FAX 03-5542-2929



次のページ »