東京湾奥・羽田沖にマコガレイの稚魚を放流

4月4日(火)、「マコガレイ稚魚放流」(主催:東京湾遊漁船業協同組合)が、東京湾奥の羽田沖浅海区域で行われた。

同組合によるマコガレイの稚魚放流は初めてで、昨年12月に孵化した神奈川県産の体長約39mmのカレイを1万匹放流した。

順調に成長すれば、3年で約20cmほどになり、産卵活動に加われる親魚になるという。

同組合では、今後もマコガレイの放流を続けたいとしている。

カテゴリー 未分類, 編集部日記

コメント

コメントを受け付けておりません。